如雨露の日記

学んだことを適当に書いていくサイト

Photon Unity Networkingを試してみる(続き)

前回の記事の続きです。

前回の記事ではLerpで移動を行っていたため、同期のズレが目立ちました。

そこで公式で最もスムーズとされているSynchronize Valueを使ってみます。

まずはコードを書き直しましょう。

追加したのは this.GetComponent<PhotonTransformView>().SetSynchronizedValues(speed: move, turnSpeed: 0);

です。

SetSynchronizedValues(Vector3 speed,float turnSpeed)で速度と回転速度を修正、同期された値の更新を行います。

これでビルドをするとこんな感じに。



だいぶ滑らかに、リアルタイムに同期できているのではないでしょうか?

明日か明後日にはアニメーションの同期をやりたいと思います。